読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぎログ

毎日更新の雑記ブログ。IT企業に勤めるサラリーマン「ねぎ太郎」が日々の想いを語っていきます。

専業主婦にはなりたいが専業主夫にはなりたくない

雑記

専業主婦の人は仕事に行かなくてもいいから羨ましいな〜と正直思ってしまいます。

専業主婦も大変って意見ももちろん理解はできます。

 

ただ実際仕事するのと専業主婦どちらか好きな方を選べと言われて仕事を選ぶ人はほとんどいないのではないかと思います。

僕の場合もどちらか選べと言われたら間違いなく専業主婦を選びます。

 

 

ただ、僕の場合は男なので専業主夫にはなれても専業主婦にはなれません。

でも専業主夫にはなりたくありません。 

 

その理由は大きく分けて3つあります。

f:id:s7251:20170317205544p:plain

 

 

 

世間体や周りからの圧力

確実に世間体が悪いです。周りから何を言われるやら、、、

 

それと相手と結婚して専業主夫になるには相手の両親に許しを得なければいけません。

 

相手の両親からしたら娘に働かせて自分は働かないのか!って間違いなく思うでしょう。僕だったらそう思います。反対されること待ったなしです。

 

仮に理解のある両親で承諾されたとしても良い顔はされないはずです。

またきっと女性側の友人などもあの男はやめておけときっと止めたりもするでしょう。

 

 

 

男のプライド

はじめにいっておくと専業主夫の人をディスるわけじゃないですよ。こういう考え方もある程度に思って下さい。

 

僕の場合、女性に食べさせてもらうっていうのは男のプライド的に許せません。

 

他人が別に専業主夫をやっていても何も思いませんが自分がそうなってしまうと自分で自分が許せないというか恥ずかしくなりそうなので無理です。

 

 

 

 

離婚された時の危険度

無事業主夫になっても妻に離婚を切り出されたらそこでゲームオーバーです。

 

職歴の無い男性なんてまともな会社に就職できるはずがないので確実に人生詰みます。

 

その上専業主夫バツイチという履歴がついてしまったら再度新しいパートナーを探すのも相当難しくなりますし、、、、

 

 

最後に

ちょっと考えただけでゾッとする専業主夫生活

、、、、

少なくとも日本ではなりたいとは思えないねぎ太郎なのでした。 

 

最後に言っておきますが、この記事に専業主婦や専業主夫を叩く意図等は一切ございません。

そもそも他人が専業主婦(主夫)をしようがしまいが僕には関係のないことなのでお互いが納得した上で好きにすればいいと思っています。

 

だいたいが他人の家庭に干渉する必要は基本的にはないと思っているので、何度も言うようですが専業主婦(主夫)をやっている方々に対して叩く意図はございませんのでご了承下さい。